パート/正社員/派遣の求人・転職情報サイト【サポナビ】

食品安全衛生マネジメントシステム

食品安全衛生マネジメントシステム

昨今、食の安全・安心を根底から覆すような事故等が多発していることもあり、消費者の食品安全に対する関心は高まっています。当社では、食品製造のみならず、流通加工、配送、販売、給食事業…などのフードチェーンにかかわるスタッフに対して、その程度に応じた食品安全衛生教育等を行い、食品安全ハザードの排除に努めております。

入職前の検便実施、および定期検便の実施

検便 食中毒を引き起こす原因となる「細菌」を職場に持ち込まず、製品に混入させないために、以下の3つの細菌について『検便検査』を行います。
  • 赤痢菌
  • サルモネラ菌
  • 病原性大腸菌「O-157」

入職前の教育・ヒアリング実施

教育・ヒアリング 当社は、スタッフの清潔な身なり、食品衛生に関する知識や意識を、「商品を構成する一要素」と捉えています。よって、入職前に、『食品安全教育シート』を使用して、食品衛生管理の基礎知識や意識を高める教育を行い、その後も定期的に食品衛生教育を行います。

健康状態の維持確認

健康状態 下痢・腹痛・発熱…など、体調を崩しているスタッフに関しては、食中毒菌保有の可能性を考慮し、継続勤務を控え、食に関わる企業様の衛生管理をバックアップします。『体調不良届出』にて健康状態を維持確認します。
病気などを予防し健康を維持するために、「食事」「運動」「休養」の三要素のバランスをとることが必要とされています。当社はスタッフに対して、入職前やその後も、『健康チェックシート』を使用して定期的に"健康状態"についてヒアリングを行っています。 食事・運動・休養

メンタルヘルス対策

メンタルヘルス "こころの健康"は、本人の努力のみでは限界がある場合もあり、取り巻く環境や職場の人間関係への配慮がとても重要です。
当社は、労働安全衛生の一環として、スタッフに対し『メンタルヘルス・ケアシート』を使用して、定期的に"メンタルヘルス"のケアを施しています。

労働者派遣で、日本初『ISO22000』の認証登録

サポート・システムは、株式会社日本環境認証機構(JACO)より、ISO22000【食品安全マネジメントシステム】の認証(審査登録)を全9拠点で登録しております。これからも、労働者派遣では日本で初めてのISO22000認証登録企業として、食品流通に携わる派遣スタッフの食品安全教育を徹底すること、食品安全に危害を及ぼす原因を予防・排除に努めることで、安全・安心なものづくりをサポートさせていただきます。

ページトップへ