お茶の世界

お茶の世界 見出し

お茶の分類
お茶の分類
スーパーなどでも、多く扱われているお茶ですが、その種類は膨大です。茶葉のパッと見た感じはもちろん、味もかなり違います。
ですが本当は、品種の違いはあれども、同じ「お茶の葉」なのです!
味の違いは、加工の方法と度合。驚きですよね!
図

お茶作りにはさまざまな工程がありますが、完成品が大きく分かれるのが、「発酵」の工程です。
この発酵の度合いによって、不発酵茶、弱発酵茶、半発酵茶、発酵茶に分けられます。
酸化発酵が進むにつれ、テアフラビンやテアルビジンなどの色素が増え、茶葉の色が濃くなっていきます。
そのため、それぞれの茶葉から淹れるお茶の色も異なってくるのだそうです。不思議!
上記の種類以外にも、プーアル茶のように微生物により発酵させる黒茶、ジャスミン茶のように花の香りを茶葉につける花茶など、いろいろな種類があります。
以下では、日本で多く飲まれている緑茶と紅茶についてご紹介します!

緑茶1
「お茶といえば緑茶!」という人も多いのではないでしょうか。一般的な家庭料理にあい、入れやすく、食事中・食後などタイミングも問わず、気軽に飲めるイメージです。飽きがこないのも魅力!紅茶のような変わったフレーバー・飲み方は限られますが、緑茶にも蒸し方や育成方法により、多くの種類があるんですよ! お茶の分類-緑茶
緑茶

代表的な緑茶


煎茶
日光をたっぷり浴びた茶葉から作られます。渋み・香り・味がバランスよく、なじみの深い「緑茶」です。
深蒸し茶
基本は煎茶と同じ作り方で、蒸し時間だけ長めに作られます。穏やかな香りと甘みが特徴。
玉露
茶摘みの3週間程前から日光を当てないように育てます。旨味や甘みが特徴で、渋みは少なめ。
番茶
「晩茶」ともいわれ、遅めの時期に摘まれたお茶。渋みが少なく、さっぱりと飲みやすいです。
かぶせ茶
茶摘みの1週間程前から日光を当てないように育てます。玉露と煎茶の中間のような印象です。
玉緑茶
精揉といわれる、整形の過程がないため、茶葉が丸まったままのお茶です。まろやかで飲みやすいのが特徴。
玄米茶
蒸した後に炒った玄米と、茶葉を同量程度混ぜたもの。玄米の香ばしい香りが特徴。
ほうじ茶
煎茶や番茶などを、焙煎したもので、香ばしく渋みが少ないのが特徴です。
抹茶
日を当てずに育てた (てん)(ちゃ) を、石臼などで挽いて粉にしたもの。お茶席で用いられるほか、デザートにも◎

種類により淹れ方は変わるのですが、よく飲まれている「煎茶」の入れ方を例にご紹介します!
煎茶の淹れ方・使うもの
紅茶1
世界中で愛されている「紅茶」。
産地によって個性があることに加え、フレーバーティーやブレンドにより、さまざまな味が楽しめます。同じ種類であってもミルクティーやレモンティーなど、飲み方によって、まったく違う印象になるのも魅力です。
お茶の分類-紅茶
紅茶

代表的な紅茶


産地:印度
ダージリン
産地-北インド。薫り高く、深みのある味が特徴。その香りから「紅茶のシャンパン」とも呼ばれます。
産地:スリランカ
ウバ
産地-スリランカ。爽やかな香りと、コク・渋みが特徴。香りが独特なので、ミルクティーにもオススメ。
産地:中国
キーマン
産地-中国。果実のような甘みと香りが特徴。渋みが少なく飲みやすいので、ストレートがオススメです。
産地:印度
アッサム
産地-北インド。強い甘みとコクが特徴。味わいが濃いため、ミルクティーもオススメ。
産地:印度
ニルギリ
産地-南インド。やわらかな香りが特徴。飲み方を選ばない、穏やかな飲み口です。
産地:スリランカ
ディンブラ
産地-スリランカ。香り豊かで、上質なものはバラの香りも。アイスティーやアレンジティーにもオススメ。
産地:スリランカ
ヌワラエリヤ
産地-スリランカ。少し渋みがある繊細な味と、香りが特徴。ストレートがオススメ。
産地:スリランカ
キャンディ
産地-スリランカ。渋みや香りが弱く、やわらかな飲み口です。くせが少ないので、アレンジティーにも◎
産地:トルコ
リゼ
産地-トルコ。渋みが少なく、飲みやすいです。トルコチャイに用いられ、濃いめ・砂糖多めがオススメ。

フレーバーティー
ストレートやブレンドの茶葉に、柑橘や花などの香りをつけたもの。
◆ アールグレイ・ラプサンスーチョン・アップルティー・ローズティー...など。
ブレンドティー
複数の茶葉をブレンドしてつくられたもの。メーカーごとのオリジナルが多い。
◆ イングリッシュブレックファースト・オレンジペコ・セイロン...など。
茶葉により時間や淹れ方はいろいろですが、今回は世界三大紅茶の一つ「ダージリン」の入れ方をご紹介します!
ダージリンの淹れ方・使うもの

紅茶にいれると美味しいイロイロ


レモン
レモン
爽やかな香りがアイスティーにもぴったり!その他、オレンジなど柑橘系との相性抜群。
ミルク
ミルク
口当たりまろやかに!茶葉と煮出して、ロイヤルミルクティーにするのもオススメです。
ジャム
ジャム
果物の甘みが加わってより美味に。中に入れずに添えて、ロシアンティーもいいですね!
生姜
生姜
体を温める効果があり、冬にぴったりです。はちみつやシナモンを加えるのもオススメ!
ミント
ミント
数枚浮かべるだけで、爽やかな香りが漂います。リラックスしたいときにもオススメです。
ブランデー
ブランデー
数滴落とすと深みが増します。スプーンに入れ火をつける、ティーロワイヤルも素敵!

いかがでしたか?
一口に「お茶」といっても、種類も飲み方もさまざまです。
また同じ種類であっても、メーカーや年によっても異なるので、飽きることなく楽しめますよ。
ぜひお気に入りのお茶を見つけて、リフレッシュしてみてくださいね!