まかない飯REPORT

まかない飯REPORT

飲食店で働く魅力のひとつに、『まかない飯』が、あります。
こちらでは、実際にまかないを食べた経験をお伺いし、印象に残るメニューを、PICK UPしてみました♪♪♪
一体どんなまかない飯があるのでしょうか。

  • まかないとは…
  • 洋  食
  • 和  食
  • 寿  司
  • ピ  ザ
  • [まかない(賄い)とは]
    • ●お客様に出すのではなく、従業員の食事用に作る料理のことになります。
    • ●食材は、調理の際に出る野菜の切れ端や、残りもの食材などを使い、主に修行中の若い料理人に、創作させることが多いようです。
      ただ単純に節約だけではなく、料理人の創意工夫を育てる訓練になるとされていて、和食の世界では、「まかない」の出来で、弟子の腕の上達を推し量る、いわゆる実技試験のような意味合いも大きく、限られた条件下で、いかに素材そのものの良さを引きだして、素早く、美味しく創りあげられるかどうかが、日々の鍛錬の一つとなっています。
      まかないは、当番制で行うことが多く、他者の出来栄え・技を知ることで、自分に無い発想や知恵を学びます。お互い、切磋琢磨する事で、より一層、技を磨くことにつながるのです。
    • ◆近年では、「まかない飯」として、一般人の知るところとなっており、お店のイチオシメニューに、「まかない飯」を、掲げている飲食店も少なくありません。
      「まかないフェス」等の、イベントも各地で開催され、盛り上がりをみせています。
  • [ドイツ料理が食べられる洋食屋さん]
    [レパートリーが増えました]

    サラダと、スープもしくは味噌汁に、その日のメインディッシュ、そして、ご飯は八穀米、
    もしくはターメリックライスから選べます。メインディッシュは・・・
    ・ポークソテー ・ポークジンジャー
    ・鶏のチリソース ・チキンソテー
    ・牛肉煮込み ・カレー
    などがでました。まかないはとても充実している方だと思います。

    印象に残っているまかない飯は、白ワインと生クリームで煮込んだチキンのフリカッセです。
    あまりにも美味しかったので、作り方を教えてもらってお家でも作ってみました。
    今もリピートしてます。

  • 【おしゃれな和食のお店】
    [日替わりが楽しみ]

    お客様単価が8000円以上の和装接客のお店ですが、まかないは和食に限らず、バラエティに富んでいます。
    カレー、パスタ、中華丼、ロールキャベツ、マーボー豆腐、から揚げなどの、普段食べ慣れているメニューも多かったです。

    まかないはとても大事ですね。美味しいとお仕事をいつも頑張れます。

  • 【廻るお寿司屋さん】
    [豪華なセルフサービス]

    まかないは、好きなネタで・好きなだけ・自分で作って食べていいと、言われていましたので、お店で出している、赤だし味噌汁と一緒に、酢飯に直接ネタをちりばめて海鮮丼にしたり、寿司ロボットで、好きなネタの握りを作って食べていました。

    通し勤務のため、調理の邪魔にならない隅っこで、仕事の合間に立って食べるスタイルでした。落ち着いて食べることはできませんでしたが、高級ネタも扱うお店だったので、とても満足していました。

    フードのお仕事は、時給が高めなだけでなく、まかない付きが多いので、それが魅力と感じる方にも、おすすめしたいです。

  • 【街のピザ屋さん】
    [日々研究!?]

    まかないは、ピザ屋さんだけあって、自分でピザを焼いて食べるスタイルでした。
    その際、好みの具を好きなように、トッピングできたので、毎回オリジナルピザの出来上がりです。

    初めの頃は、欲張って具を乗せすぎて、生焼けだったり・・・。ソースも、多い方が美味しいと思い、かけ過ぎて生地が水っぽくなったり・・・と、自分でやると、なかなかうまくいきませんでした。レシピ通りのピザが一番美味しかったです。
    しかし、創作していると、家でピザトーストを作るのに参考になりました。
    新メニューは、まかないから生まれることも稀ではないそうで、色々試してみるのは楽しかったです。
    しかし、お客様に出すピザは、味のバランスもとれていて、甲乙つけがたく美味しいものばかりだったので、レシピ通り作ることがいかに大事か知りました。

    ピザは大好きでしたので、毎回ピザでも飽きませんでした。