パート/正社員/派遣の求人・転職情報サイト【サポナビ】

心と体を癒す薬膳料理にチャレンジ

薬膳(やくぜん)とは、中医学(中国の伝統医学)の理論に基づいた食材の組み合わせでつくる料理のことをいいます。名前からは、生薬を使ったクスリっぽいお料理をイメージしますが、一般的な食材の組み合わせでも、中医学に基づいたお料理は薬膳になります。栄養士の方などが学ぶ「栄養学」は、西洋医学がベースとなっていますが、この薬膳の考え方も、特にアジア諸国においては、人々に深く浸透しているようです。
季節やこころの状態、体質や体調などに合わせて選ばれた食材で調理されるお料理は、健康な体を維持し、病気の回復を早める効果があるといわれています。まさに、医食同源ですね。心と体を癒してくれる、「薬膳」にチャレンジしてみましょう。
薬膳は、食材の組み合わせがポイント。「五気」「五味」であらわされる食材の特性を知っておきましょう。

「五気」とは、食材が体を温める・冷ます特性をいいます。

「温性・熱性」
体を温め、気や血流の流れをよくし、エネルギー代謝を高めます。
三角 代表的な食材
:しょうが、ねぎ、コショウ、ニラ、シソ、唐辛子、羊肉、もち米など
「寒性・涼性」
体内の余分な熱をとり、また、血液浄化、利尿促進といった体内の老廃物を除去する力もあります。
三角 代表的な食材
:ニガウリ、キュウリ、ナス、トマト、レタス、コンブ、大根、白菜など
「平性」
どちらにも属しません。食材の7割が平性です。

「五味」とは、食材の味覚や働きで分類される特性です。

「酸味」
体を引き締めて、汗止め、下痢などを止める働きがあります。
三角 代表的な食材
:酢、レモン、梅、いちご、トマトなど
「苦味」
熱や毒をとり、体の湿気をとり乾かす働きがあります。夏バテや便秘解消の効果も。
三角 代表的な食材
:にがうり、銀杏、みょうが、緑茶など
「甘味」
栄養や気を補給し、緊張を緩め、疲れをとったり、痛みを和らげる働きがあります。
三角 代表的な食材
:牛乳、はちみつ、砂糖、米、ピーナッツなど
「辛味」
体を温め、気血の巡りを良くし、発汗させる働きがあります。冷え性に効果も。
三角 代表的な食材
:たまねぎ、にんにく、ネギ、しょうが、唐辛子など
「鹹味(かんみ)」
しこりをとったり、体を潤すなどの働きをします。便秘などにも用いられます。
三角 代表的な食材
:豚肉、海老、イカ、あさり、昆布、わかめなど

レシピ

春は代謝がよくなる季節。
肌荒れやニキビが気になる方、便秘の方にお勧めの薬膳レシピです。
筍と干し椎茸の炊き込みご飯
疲れやすい、イライラしやすい人にもお勧めです。ぜひ、お試しください。
ページトップへ